加圧タンクトップは授乳中でも着用できる?

 

加圧タンクトップ,授乳

 

加圧タンクトップは授乳中でも問題なく使用できます。どうしても気になる場合は事前にかかりつけの医師に確認をおすすめします。ただし、授乳時期はしっかりと食べて栄養を摂って、たっぷりと母乳を出したい時期なので過度な締め付けは禁物です。

 

無理はせずに、様子を見ながら大丈夫そうかなと思ったら短い時間に済ますといった使い方をするのが良いです。授乳時期は赤ちゃんにつきっきりになるので自分の時間を作るのが難しく、赤ちゃんの成長に大切な母乳は栄養不足になってはいけないのでカロリー制限は厳禁です。

 

また、授乳時期は激しい運動もいけません。しかし、母乳で授乳すると空腹になりやすくつい食べ過ぎてしまいます。激しい運動もできないので産後太りという形で体型が崩れてしまいやすくなります。そこで、おススメしたいのが加圧タンクトップです。

 

時間が無くて激しい運動が出来ない授乳時期に加圧タンクトップを着用することで日常の生活を送るだけで運動をしているような状態にしてくれます。

 

加圧タンクトップを着用することで時間がなく運動制限のある授乳時期であっても運動しているのと同じような形で過ごすことが出来、産後に体型が崩れてしまうのを防止してくれます。

 

よって、加圧タンクトップは授乳時期にも着用することができ、激しい運動が出来なかったり自分の時間がなかなか持てない授乳時の体型崩れを防止して産後太りの防止にも役立ち、いつもどおりに過ごしているだけで運動しているのと似たような効果が期待できます。

 

圧がかかるので身体のホルモンバランスが崩れやすい授乳時期なので無理をしないことが大切です。

加圧タンクトップの種類

 

加圧タンクトップ,授乳

 

加圧タンクトップの種類には、ブラトップ型があります。どのようなトップスにも合わせる事が出来て、体幹を鍛えながら普通の下着のように着用が出来ます。着用し続ける事で、理想的な体型に導いてくれます。発汗作用のある加圧タンクトップは、生地にゲルマニウムが配合されています。

 

発汗作用により脂肪が燃焼しやすくなり、気になるお腹周りのお肉や脇腹のお肉だけではなくて二の腕のぷよぷよにも効果があります。

 

女性用は程良い加圧効果からバストアップ効果や腰や下腹部のお腹のお肉を引き締める効果に加えて、お尻から背中のお肉を引き締めてくれる効果もあります。男性用は男性の身体の構造に合わせて着圧のバランスが調整されていて、お腹周りを引き締める事を目的にしています。

 

バストやウエストのくびれ等の体型も異なり、着圧のフィット感がなくなると思われています。これらを考えると、男性用を女性が着用しても効果を得る事が出来ないです。反対の男性が女性用を着用すると、サイズが小さ過ぎて合わず着圧効果が得られなくなります。

 

加圧タンクトップは体に適度な圧をかける事で体幹を鍛えるため、脂肪が燃焼しやすくなったりダイエットに繋がります。種類により効果が多少異なるため、自分が得たい効果に合わせて種類を選ぶと良いです。

加圧タンクトップで筋肉は鍛えられる?

 

加圧タンクトップ,授乳

 

加圧タンクトップは、上半身全体を加圧力で締め付けてくれます。着るだけで常に上半身の筋肉を刺激し続けてくれるため、時間を効率的に使って身体を鍛えたい人に高い人気があります。

 

長時間着用すると体幹トレーニングと近い効果が期待出来て、腹筋と背筋の両サイドから鍛える事が出来るため体幹をしっかりと鍛える事が出来ます。体幹が鍛えられると、基礎代謝が上がりエネルギーをより消費出来る痩せやすい体質に変化していきます。

 

脂肪が燃焼されやすくなると、筋肉も付くようになります。しかし着ているだけで、筋肉がムキムキになる事はないです。また加圧タンクトップは姿勢が改善され、姿勢が良くなると血液やリンパの流れがスムーズになります。

 

こうなると基礎代謝が良くなって、老廃物の排出もスムーズに行われるようになりむくみも解消されます。これらの効果は加圧タンクトップを着ているだけではなく、着ながら筋トレを行うと効果が更に上がります。筋力がアップすると、エネルギーの分散を最小限にする事が出来ます。

 

血中乳酸濃度の上昇を抑える効果があり、疲労感が軽減されます。普段忙しくてトレーニングが出来ない人は、加圧タンクトップを毎日着用してボディメイクを試す価値があります。

加圧タンクトップを着て頭痛が!原因と頭痛にならないためには?

 

加圧タンクトップ,授乳

 

加圧タンクトップを着て頭痛などの体調不良を引き起こすことがあります。加圧インナーの加圧効果を引き出すには起きている時だけでなく寝ている時もずっと着用した方が良いのですが、加圧インナーを着ることで血流が制限されて、血の巡りが悪くなることが頭痛の原因と言えます。

 

加圧インナーの効果を引き出すには着たり脱いだりするよりも、ずっと着続けた方が良さそうですが、特に加圧インナーを初めて着用する方は圧によって血流が低下して頭痛などの体調不良を引き起こしてしまうことがあります。

 

なので、初めての方は2時間から3時間くらいと短い時間の着用で様子を見て、徐々に加圧タンクトップを着用する時間を伸ばすことが頭痛のリスクを低くします。

 

もし、加圧タンクトップを着用していて頭痛や体調不良が見られた場合は無理せずにすぐ脱いで、加圧タンクトップの着用を中止するか、頭痛が治るまでは着ない様にすることをおススメします。

 

圧に慣れていない方がいきなり加圧タンクトップを長時間着用すると頭痛など身体に異変を感じることがあるので、長い時間着用した方が良いとされていても最初は短い時間からの着用にとどめ、頭痛など体調に変化がないかどうかを確認することが大切です。

 

加圧タンクトップによる頭痛のリスクを抑えるには、最初から長い時間着用しないこと、無理はしないことを心にとどめて、段々と慣らしていくようにすることで体調不良のリスクを減らせると言えます。

ビープレスのお申し込みはこちら!【口コミあり】トップページへ太い寸胴体型がコンプレックスの方、美しいくびれに憧れる方は、トップページでビープレスの詳細をチェックしてみてください。